日本代表特集⑩〜ニックファジーカス〜川崎ブレイブサンダース

ニックファジーカスと言うと、2016-17シーズンの得点王、MVPも獲得しているBリーグ選手です。

一昨年帰化を果たし、日本代表入りをしてワールドカップ、オリンピック場が危ぶまれていた状況から日本代表を救い出しました。第二の故郷として日本での生活を気に入ってくれてるようで、「頼まれたわけでなく、自分から帰化しようと思った」とコメントしてくれています。日本人バスケファンとしては嬉しい限りですね。

そんな彼は応援してるチームの相手選手だと憎らしいんですが(止められないんです、、笑)、日本代表で味方となると頼もしいこと頼もしいこと、、、

日本代表での活躍は、オーストラリア戦、韓国戦で生観戦していますが、そこで見た八村塁とのコンビは衝撃的すぎて、生涯忘れることはないでしょう笑

Bリーグ以前のキャリア

ファジーカスは1985年6月17日生まれの33歳、出身はアメリカです。ネバダ大では4年連続でNCAAトーナメントへ導く活躍を見せ、ウェスタン・アスレティック・カンファレンスのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに2005年から2007年まで3年連続で選ばれています。

ネバダ大でニックの着ていた背番号22番が永久欠番になるとのことのことで、ニックはワールドカップ予選後に母校のセレモニーに参加しています。それだけ学生時代は地元でも功績を残したスター選手だったようです。

卒業後はNBAのダラス・マーベリックス、ロサンゼルス・クリッパーズでプレーしたキャリアを持っています。

膝の怪我もあり、NBAでは成功しませんでしたが、ヨーロッパ、東南アジアで プレーをした後、2012年に来日しています。

ちなみに怪我があったとは言え、ニックはNBAで全く通用しなかったという訳ではありません。当時ダラスにはダークノビツキーがおり、プレイの系統が似ていたため必要とされなかったと言われています。

また、サンズではスティーブナッシュを中心としたランアンドガンスタイルが主流だったことから、走力のないニックは重宝されなかったようです。

当時のトレンドとチーム事情とはマッチしませんでしたが、もう少し後のアイソレーションを主体とした時代にドラフトされていればNBAでも長く生き残っていたかもしれません。

来日後は東芝(現川崎)ブレイブサンダースに加入し、多彩で正確なシュートで得点を量産します。

ニック加入前年のJBL8位(最下位)からチームを準優勝に引き上げる活躍を見せ、2012-13シーズンから、3季連続でリーグの得点王に輝きました。凄まじいですよね、、、

ワールドカップでは大きな課題も

アジア予選時は周りを寄せ付けないような活躍をしたニックでしたが、昨年のワールドカップでは、かなりスカウティングをされていたこともあり、課題が浮き彫りになりました。

ニックがアウトサイドに誘き出され、相手に切り込まれて得点もしくはファールを取られるという場面を何度も目にしました。得点とリバウンドを優先する代わりにディフェンスが犠牲となる結果となりました。

この結果について世間では悲観的にコメントされる機会が多いですが、個人的には日本が次のステージへ進んだ証だと感じています。数十年インサイドに苦しめられ続けてきた日本にとって次の課題にぶち当たれたと言う点では大きな進歩と言っても差し支えないのではないでしょうか。

ワールドカップ後の2019-2020シーズンでは、ディフェンス面で以前よりも少しディフェンスを意識する姿が見受けられたように感じます。他のワールドカップを経験した選手同様、ワールドカップで経験した何かをプレイに落とし込もうと、Bリーグに何かを還元しようとしているように思います。

オリンピックは主力として

来年以降オリンピックが開催されるのであれば、ニックはライアンロシター、ギャビンエドワーズらと代表争いをすることが予想されます。ディフェンス面という意味ではニック以外の2人に分があるといわざるおえませんが、やはり日本を底辺からひきあげた彼の功績を考えると、再び世界で躍進してほしいなんて思いも正直なところです。

しかし、懸念されるのはやはりコンディションの問題。今年で35歳になり、プロスポーツ選手としてはお世辞にも若いとは言えない年齢にさしかかりました。昨年はシーズン前に左足首の手術をしてますし、若い頃に経験した膝の怪我は一生物です(私も大きな膝の怪我の経験があり、気持ちが分かります笑)。

今後は怪我のリスクを管理しながら、ディフェンシブにもプレイする姿が代表入りに向けては必要なのかなと感じます。本人が1番分かっているかとは思いますが、、笑

Bリーグの開催もワールドカップの開催も不透明な状況ですが、ベテランとして若手を引き上げること、まだまだスコアラーとして得点を量産する姿を期待したいと思います!!

日本代表特集⑩でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です